- I DON'T WANNA LIVE WITHOUT ' HR/HM ' -   《 メタルの話題を中心にしたブログ 》
2005/09/23//Fri.
【メタル日記】ゴシックメタルの定義
 ヨーロッパではメタルのサブジャンルの一つとして確固とした地位を築いている「ゴシックメタル」ですが、ここ日本では「一部の熱狂的マニア」が存在する程度で、認知度はずいぶん低いですよね。

 「人気がないから日本盤のCDを発売しない。日本盤のCDが発売されないから人気が上がらない。」の悪循環に陥っているように思えます。

 ネット放送中に、「ゴシックメタルって何ですか?」って聞かれたことが何度かあるんです。

 これに答えるのがなかなか難しい。

 パラダイスロストに出会ってから10数年経過してはいるものの、本格的にのめりこんでわずか半年の俺にゴシックメタルの深遠な世界を他人に教授するのはまさに至難の技。

 でも、ゴシックメタルに傾倒しはじめ、ゴシックメタルという言葉を多用している俺にとってきちんとした返答ができない状態は歯がゆい限り。

 ってことで、戯言覚悟で「ゴシックメタルとは何ぞや?」を考えてみたので以下に述べてみたいと思います。

 わからなければまず辞書を引こう!ということで、ネット内の辞書的存在、はてなダイアリーで「ゴシックメタル」という言葉を調べました。結果は以下の通りです。

 遅いテンポ悲しいメロディ、場合によっては女声ストリングスなどを用いて醸し出された重苦しく耽美的な雰囲気を特徴とする、メタルの1ジャンル。(中略)その定義は(最近では)曖昧になり、結果として「ゴシックメタル」は非常に幅広い音楽を示す言葉となった。

 なかなかわかりやすい説明ですね。「遅いテンポ」「悲しいメロディ」「女声」「ストリングス」「重苦しく耽美的」・・・いずれもゴシックメタルの特徴を示すのにふさわしい言葉だと思います。

 ただ、最後に定義が曖昧で幅広い音楽を示す言葉になった、と書かれてある通り、上記のフレーズだけでは言い表しきれていないのも事実です。最近はテンポがさほど遅くないゴシックメタルもあろうかと思いますしね。

 では、なぜゴシックメタルの意味する音楽が幅広くなっていったのか

 一つは、ゴシックメタルという言葉がその音楽性のみによって規定されているのではなく、その歌詞の持つ世界観をも包含しているからではないか、と思うんです。その詩の世界観を端的に表現すると「内省的」「自己破滅的」「厭世観」とでもなるのでしょうか。

 もちろん、全てのゴシックメタルバンドがこういう歌詞を扱っているわけではないし、日本人で歌詞の意味まで理解してゴシックメタルを聴いている人は、もともと少ないこのジャンルの支持者の中でもさらに少数だと思うので、純粋に音楽性を気に入っているケースが多いとは思いますが。

 また、ゴシックという言葉には「1980年代にロンドンで始まった若者文化のムーブメント。青白い顔と黒ずくめの服装が特徴」という意味もあるらしく、これにより、マリリン・マンソンや、あわよくばキッスまで(笑)ゴシック扱いされかねない状況があり、さらにゴシックメタルの定義する音楽を拡散の方向に向かわせているのかもしれません。

 他にも何か理由があるのでしょうが、今の俺には思い浮かべることができません。

 メタルのジャンルを表す言葉にはご存知のように「メロパワ」「メロスピ」「スラッシュ」「ネオクラ」「メロハー」など楽曲のタイプを端的に示す言葉や「ジャーマン」「LAメタル」「MAメタル」など、そのスタイルのメタルの盛んな地域や発祥の地をその名に冠した用語がありますが、いずれも特定の音楽スタイルを言葉に置き換えていることが多いので、わかりやすいといえばわかりやすいです。

 ゴシックはその音楽性だけでなく、詩の世界観、外見といった要素までもが複雑に絡み合っているため、定義が曖昧になっているような気がします。

 余談ですが、ゴシックという言葉は少し前に日本でも盛んにメディアで取り上げられた「ゴスロリ(ゴシックロリータ)」の件もあり、怪しいサブカル的に、キワモノ的に捕らえられがちで一般的にはあまり良いイメージの言葉ではないのでしょうね。ゴシックメタルファンとしては残念です。

 話が逸れました。もっと具体的にゴシックメタルを考えてみます。上記の「遅いテンポ」「悲しいメロディ」「女声」「ストリングス」「重苦しく耽美的」のキーワードに加えて、

G. B. Dr. Key 以外の楽器奏者が存在する(バイオリン、フルート、アコーディオン、ヴィオラなど。ストリングスに限らない)
女性Vo.とデス声、あるいは、男声クリーンボイスとデス声の複数Vo.が存在する
・曲のアクセントとしてクワイアを利用することで重厚、かつ壮厳な雰囲気を醸し出している
・そのバンドの音楽性を形容する際、「シンフォニック」「クラシカル」「ドラマチック」「メランコリック」「ドゥーム」「オペラティック」といった言葉が使われる。
・所属レーベルが「HOLY」(ほぼ100%ゴシックです)

場合は、そのバンドもゴシックの可能性ありかな?という感じです。

 結局うまくまとまりませんでしたね(苦笑)。このコラムは考えがうまくまとまらないうちに見切り発車で書いた感があるので、必要に応じて加筆・訂正を行ないたいと思います。

 読むたびに書いてる内容が異なるかもしれませんが、気にしないでください(笑)。
スポンサーサイト
メタル全般 trackback(0) comment(0)

↓各種ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
Check
秘密にする
trackback_url
http://remria.blog25.fc2.com/tb.php/47-3277bcd4