- I DON'T WANNA LIVE WITHOUT ' HR/HM ' -   《 メタルの話題を中心にしたブログ 》
2005/12/13//Tue.
THE DARKNESS「ONE WAY TICKET TO HELL...AND BACK」

stars

デビュー作で一躍イギリスの国民的スターの座にまで駆け上ったザ・ダークネスの注目の2nd。

 今回は1曲1曲が非常によく練りこまれているな、と感じました。想像を絶するようなブリティッシュドリーム(←こんな言葉あるのか?)を手にし、「2ndでの失敗は許されない」というプレッシャーをひしひしと感じながら作ったんでしょう。穿った見方をすれば、そういう「産みの苦しみ」も滲み出ている気がします。

 ⑩を筆頭にクイーン化の進展が著しいですね。前作ではあまり見受けられなかった「分厚い高音コーラス」が楽曲をゴージャス感あふれるものに仕上げています。1stがヒットすると予算もたんまりあるので、いろいろお金を使ってできることは何でもやりたくなるのがミュージシャン魂なんでしょうね。2ndでのゴージャス化が「凶」となったのがアンドリューW.K.、大成功とまでは言いませんが、「吉」と出たのがこのザ・ダークネス、これが私の見解です。

 アジアンテイストの①や⑥⑧など佳曲もありますが、全体的な印象としては前作の方が好きです。

hReview by tomkit , 2005/12/13

photo
ワン・ウェイ・チケット・トゥ・ヘル…アンド・バック(初回生産限定)
ザ・ダークネス
ワーナーミュージック・ジャパン 2005-11-30
曲名リスト
  1. ワン・ウェイ・チケット
  2. ノッカーズ
  3. イズ・イット・ジャスト・ミー
  4. ディナー・レディ・アームス
  5. シームド・ライク・ア・グッド・アイディア・アット・ザ・タイム
  6. ヘイゼル・アイズ
  7. ボールド
  8. ガールフレンド
  9. イングリッシュ・カントリー・ガーデン
  10. ブラインド・マン
  11. グリーフ・ハンマー
スポンサーサイト
レビュー trackback(1) comment(0)

↓各種ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
Check
秘密にする
trackback_url
http://remria.blog25.fc2.com/tb.php/256-9d9870a6