- I DON'T WANNA LIVE WITHOUT ' HR/HM ' -   《 メタルの話題を中心にしたブログ 》
2007/07/26//Thu.
【またもや緊急事態】身に覚えのないカード利用・・・50万円也。(2)
 計28万円・・・参りました。折り返し、ジーンズショップにTEL。

私「カード会社に確認したんですが、来月請求予定で他にも私の名前を語って購入があったようですね。」
店「はい。計3件ですね。」
私「え?2件じゃなくて3件ですか??」
店「ええ、7/15に210000円強と7/22に140000円強ですね。」

 計50万円・・・ここまで来たら、もう笑うしかないのか。

 でも待てよ。7/15なら今月請求のはず。なんかおかしい。念のため、7/15利用分のカードの下4桁を教えてもらった。

 ち、違う!7/15利用分だけは私のカードではない!!もう全く訳がわからないです。

 ここまでをまとめると

7/10利用 130000円強 カード名義・カード番号共に私のもの。
7/15利用 210000円強 カード名義は私だがカード番号は私でない。
7/22利用 140000円強 カード名義・カード番号共に私のもの。

 相当気持ちが悪い状況です。

 カード会社からは全額返還と本社対応での調査を行なう旨、電話連絡を受けたのですが、ここまでくると、金銭的被害が生じないから一件落着、という気持ちには到底なれず、私の情報をどういう経路で犯人が入手したのか確認しないと気がすみません。ここで警察に相談することに決定。東京のITトラブル専用電話相談(正式名称忘れた)、最寄の警察署に電話相談しました。その結果、

 このようなネット決済トラブルで、カード会社から費用の返還を受ける場合は、被害者はカード所有者(私)ではなく店(ジーンズショップ)になる。店(ジーンズショップ)が警察に被害届を出さないと捜査できません。

 とのこと・・・これだけ「個人情報保護」ということが重要視されている世の中で、「個人情報の漏洩が明らかでも金銭面が解決すれば、情報漏洩された被害者からの申し出による捜査は不能」という言い分に全く納得できないのですが、「それが現法律だ」と言われればやむを得ない。

 店サイドとしては金銭面が解決すれば被害届のような面倒なことは避けたいというケースも少なくないようなのですが、再度ジーンズショップにTELし、上記の事情を話し、警察に被害届を出すようにお願いしました。社長さんから「わかりました。」と快い返事。犯人逮捕に一歩は近づいた・・・のかな?

【今回の教訓】

・トラブル時の対応を考えるとカード会社は大手の方が良いのかもしれない。(警察に教えてもらったのですが、カード会社によって対応はまちまちだそうで、このような返還に応じないところもあるそうです。全て解決したわけではありませんが、私の今回のケースではカード会社の対応は概ね良かったと思います。)

・普段使用していないカード会社からの明細書にも必ず目を通すことが必要。(たくさんカードを利用している人も多いと思いますが、明細書ちゃんと見てますか?気づかなければずーーーっと継続的に引き落とされっぱなし、ということもあるかもしれませんよ。最近は、郵送かネットで確認か選べるところも多いですが、トラブル回避のためには郵送の方がいいのかもしれませんね。)

・身の潔白を証明するために思いつくこと、できることはなるべく自分でやってみる。

 皆さんも気をつけましょう。・・・って言ってもどう気をつけたらいいのか良くわかりませんが(笑)。とりあえず、できる範囲のセキュリティレベルを上げたいと思います。

 犯人逮捕、とか何か動きがあれば、可能な範囲内でこの場で報告したいと思います。
スポンサーサイト
音楽以外 trackback(0) comment(5)

↓各種ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
Check
2007/07/26//Thu.
【またもや緊急事態】身に覚えのないカード利用・・・50万円也。
 ニュースでたまに見かけることはあってもまさか自分に起こるはずはない・・・と思ったことが起こってしまいました。

 身に覚えのないカード利用の請求です。

 ここ数ヶ月使用していないクレジットカードの利用明細が昨日届きまして、「どうせ使ってないから。」と開封せずに捨てようかと思ったのですが、なんとなく中身を確認してみました(今思えば何たる幸運!)。

 すると6/25にイギリスのチケットサイトで2000円弱、7/10にジーンズショップで130000円強の買い物をしたことになっている。・・・まったく身に覚えがない。

 カード会社の電話窓口は21:00までだが、盗難時専用の24時間対応窓口にお構いなしにTEL。カード利用を停止してもらった。もやもやしながら就寝。

 今朝、まずは再度カード会社に連絡。スキミングの可能性はないのか、家族がこっそり利用した可能性はないのかなどを聞かれたのですが、このカードは、私が「JCB使用不可の海外ネット通販利用時限定」で使っているVISAカードで、常にPC脇に置いてあり、外出時に持ち歩かないのでスキミングの可能性は0。家族利用の可能性も0なので、ネット経由で情報がもれたことにまずまちがいない。カード会社は「利用停止したので今後は心配ない。これまでのことは調査する。」とのこと。

 カード会社では利用停止以上の対応が迅速に行なわれるとは思えなかったので、身の潔白を証明できそうな情報をある程度は自分で収集しなければと思い、とりあえず、請求書に記載されているジーンズショップの名前をネットで検索。すると、関東地方に実在するお店でした。早速そのジーンズショップにTELしてみました。

 「なんや、兄ちゃん、うちの決済にイチャモンつけんのか?文句あったら出るとこ出たらどうや。」なんて具合に脅かされたりして・・・などと考えながらかけましたが、女性店員が電話に出てくださり、いたって普通の応対でした(笑)。

私「○○と申します。そちらのお店から、私には身の覚えのないカード請求が来てるんですが。7/10に130000円強使ったことになってるんですが私は使ってないんです。」
店「(絶句)」
私「私は△△県に住んでますが商品はどちらに送られましたか?」
店「・・・タイです。」
私「タ、タイ!?」

 突然話がグローバルな展開に(笑)。いやあ、驚きました。店の控えのカード番号の下4桁、名前は紛れもなく私のもの。メールでも私の名前を使っていたそうです。その後少し話をしたところ、どうも、この件については、メールのやり取りなどを通じて「怪しい客かもしれない」・・・という気持ちが店側にもあったようです。

 ここまでの情報をカード会社に報告。話の内容から「私が利用したものではない」ということが少なくとも電話のオペレーターには伝わった。ここでオペレーターから衝撃の一言。

 「来月請求予定なんですが、同じお店で7/22にも140000円強の利用があったようです。」

 ・・・計約28万円也。もう、顔面蒼白ですよ、私。

 つづく(笑) 
音楽以外 trackback(0) comment(0)

↓各種ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
Check
2007/07/02//Mon.
【メタル以外の趣味】オーダーシャツ
 私がワイシャツをオーダーしようと思ったきっかけはいくつかあるんですが、最も大きな理由は「既製のシャツでぴったりするものがほとんどない」ということです。

 私にぴったり合うシャツの寸法は「43-76」。こんな寸法のシャツにはめったにお目にかかれません。女性の方は意味がわからないと思いますが、簡単に言うと、「首が太い割には腕が短い」ということなんです(笑)。

 既製シャツでは首回りの43cmにあわせると袖丈は80cm以上がほとんどです。逆に袖丈の76cmにあわせると首回りは38~40cmくらい。こんなの着たら首が絞まります(笑)。

 というわけで、今までは首回りが43cmで腕はダボダボのシャツを着て、袖がずり落ちないように二の腕辺りに腕輪をハメていたのです。この腕輪の「きつさ加減」の調節が案外難しく、鬱陶しいんですよね。「腕輪なしでぴったりの袖丈のシャツを着てみたい!」と常々思っていたのです。

 もう一つの大きな理由は「理想の衿の角度に対するこだわり」です。既製のシャツの衿の角度は鋭角なモノからほぼ水平なものまでさまざまです。私は「衿の角度が広い(水平に近い)シャツ」が好きなんです。シャツの柄がいくら気に入っても衿の角度が気に入らなければ買わないです。

 田舎に住んでるもので、そんなしゃれた店が近くにあるはずもなく、「ネットでオーダー可能で角度の広い衿型を用意している」お店を探し始めました。

 そして見つけたのが石川県・金沢市のオーダーシャツ専門店・金港堂さんです。

オーダーシャツ専門店・金港堂さんのホームページはこちら
 blogs1.jpg
↑これがレギュラータイプの衿。もっと狭い角度の衿もあります。
blogs2.jpg
↑これがワイドとかワイドスプレッドと呼ばれる衿。今まで私が購入していた既製で比較的安価なワイシャツだとここまでの角度が多い。
blogs3.jpg
↑これがワイドよりも一段階角度が広いホリゾンタルなどと呼ばれるタイプの衿。

 初めての注文なので、一番ベーシックなタイプの生地でホリゾンタルの衿型のシャツを注文しました。

 さすがオーダーシャツ専門店だけあって、生地の手触りがすごく良い!
そして、腕が・・・腕がぴったりだよーーーー(涙)。初めてのジャストフィット感覚。着心地最高で大満足!

 ただ・・・もう一つのこだわりの衿の角度についてはもう少し私のこだわりを反映させたいと思いました。「ホリゾンタル」でも衿の角度の広さが物足りなかったのです。

 そして二度目の注文!

 金港堂さんにわがまま言ってお願いしたのは、

1.衿の丸みをなくし、直線にして欲しい。
2.衿の角度を水平にならない程度に広くして欲しい。

 困った客だと思われたかもしれません(苦笑)。メールのやり取りを幾度となく繰り返し、衿を1.5cm上げてもらうことにしました。
blogs16.jpg
↑金港堂さんからいただいたメールに添付されていた衿型の写真。「衿の丸みをなくすとはこの部分のことですか?」という確認
blogs17.jpg
↑こちらも金港堂さんからいただいたメールに添付されていた衿型の写真。「衿の角度を広くするために何cm上げますか?」という確認

 こうして出来上がった「私のこだわりの結晶」のシャツがこちら。
blogs18.jpg
↑3枚も注文してしまいました。
blogs19.jpg
↑初めて注文した時と同じ生地で作ってもらいました。ボタンホール糸、ボタン付け糸はグレーにしてもらい、ちょっとしたアクセントに。
blogs20.jpg
↑こちらは白地にブルーのストライプ。イタリア・カンクリーニ社製の生地。糸の色はブルー系の中から金港堂オーナーの宮谷さんにセレクトしてもらいました。
blogs21.jpg
↑同じく、カンクリーニ社製の生地。カジュアルに着られそうなのでドゥエボットーニ(前衿台のボタンが二つ)に。糸の色はレッド系の中から宮谷さんにセレクトしてもらいました。

 衿の角度・・・理想通りでした!ほぼ完璧。本当に素晴らしい出来栄え!自宅に到着した日はずっと眺めていたような気がします(笑)。この場を借りて私の無理難題の注文を快く引き受けてくださった金港堂さんに感謝!

 金港堂オーナー・宮谷さんのブログでこの度の私のオーダーについての記事がありますので良かったらご覧ください!
私のオーダーシャツの記事はこちらから

 なんだか、メタル専門ブログの割にはそれ以外の趣味の記事の方が気合が入っている今日この頃(苦笑)。次回以降はメタルの話題でいく・・・と思います。
音楽以外 trackback(0) comment(2)

↓各種ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
Check
2007/06/28//Thu.
【メタル以外の趣味】腕時計(2)
 (前回の続き)

 すごく気に入って使っていたジラール・ペルゴ「ヴィンテージ1945」なのですが、夏場に汗をかくと革ベルトの茶色が染みて、袖口が茶色に変色するワイシャツが続出。なんともワイシャツが汚れてみすぼらしく見えるわけです。

 そんな時雑誌で「夏はブレスレット、冬は革ベルト、と時期で使い分けるのも良いアイデア」との記事を読み、「なるほど、それはそうだな。」と素直な私は(笑)2本目の腕時計の購入の検討に入りました。

 この頃、大事なお客様(私は「営業」の仕事をやっています)が腕時計マニアだと知り、腕時計談義に花を咲かせていると「君が欲しいって言う腕時計、これに載ってるよ。」

 差し出された雑誌を見ると、私が眼をつけていた腕時計の安売り広告が。翌日TELし、即購入。それがこれです。



↑IWC インヂュニア

 IWCはInternational Watch Companyの略で、日本では「インター」と呼ばれることが多いスイスの老舗メーカーです。このブランドは一般的にはジラール・ペルゴよりも有名だと思います。

 私が購入したインヂュニアは高耐磁性能が特徴のモデルで黒文字盤・白文字盤、シルバーベゼル・ゴールドベゼルなど色々あったのですが私は白文字盤・シルバーベゼルのタイプにしました。今ではジラール・ペルゴのヴィンテージ1945よりもこちらのインヂュニアのほうがお気に入りです。

 (その後・・・)

 インヂュニア購入後ほどなくして、フランク・ミュラーのコンキスタドール、ベガス、マスターバンカーなどのトノーカーベックスのモデルに興味が湧いたのですが、トノーカーベックスは大きすぎて私には不釣合いなこと(かといって、ボーイズタイプを選ぶのもどうかと・・・)、一般庶民が腕時計にハマると破産することに気づき、腕時計に対する興味は封印しようと決めたことからその後は一本も買っていません。

 次回腕時計を買うことがあれば、「これが人生最後の一本!」くらいの気持ちで買いたいな、とは思っています。それまでは雑誌やカタログを見るだけで我慢、我慢です。

 これにて腕時計編、完結(笑)。
音楽以外 trackback(2) comment(2)

↓各種ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
Check
2007/06/27//Wed.
【メタル以外の趣味】腕時計(1)
 なぜ腕時計に興味を持つようになったのか、記憶が定かではないのですが、たまたま本屋で腕時計専門誌を立ち読みしたのがきっかけだったような気がします。

 私の腕時計に対するこだわりは基本的にたった一つです。

 「有名すぎるブランドの腕時計は買わない。」(←これはいろんな趣味に共通の基本事項・笑)

 高級腕時計を買おう、と初めて思い立ったのが6~7年くらい前でしょうか。上記のこだわりからロレックス・オメガ等はパス。さらに「茶色の革ベルト(基本的に革は黒より茶色が好きです)」「文字盤は丸ではなく四角」という観点から選んだのがこちら。


↑ジラール・ペルゴ(GIRARD-PERREGAUX)「ヴィンテージ1945」

 当時(たぶん今でも)20代後半~30代の男性の持つ腕時計では圧倒的に丸い文字盤が多数派でしたし、多くの人にとってロレックスといえばあこがれのブランド。そこを最初からはずしてセレクトするところがいかにも私らしい、「マイナー指向」精神が発揮されています(笑)。

 ジラール・ペルゴはスイスの老舗時計メーカー。時計通には知られたブランドですが、一般的にあまり知られていないところが私好み。ジャガー・ルクルトのレベルソ・サンムーンやカルティエの腕時計(モデル名は忘れた)等と迷ったのですが、レベルソ・サンムーンは初めて買うにはデザインが斬新過ぎる、カルティエはブランド名が若干有名すぎるということもあり、ジラール・ペルゴの「ヴィンテージ1945」に決めました。

 購入する時は相当緊張しました。何しろ耐久消費財でない、私個人の「私物」では、当時最も高額な買い物でしたから。今でも大事に使っている思い出の一品です。

 大満足の買い物だったわけですが、ほぼ同額の高額腕時計をわずか半年後に買うことになろうとは、この時は夢にも思いませんでした。

 今日は長文記事を二つアップして疲れたので、2本目の腕時計のエピソードは(覚えていたら)いずれ、また(笑)。
音楽以外 trackback(0) comment(0)

↓各種ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
Check
2007/06/27//Wed.
【メタル以外の趣味】革製カバン・小物
 元来、私はどちらかというと「マイナー指向」です。

 当ブログで主な題材として取り上げているメタルについては言うに及ばず、その他の趣味についても「あえて大御所をはずす」ことが少なくありません。

 私服については全く無頓着な私ですが、「仕事上使う小物類や服」については多少のこだわりを持っています。今回はその中から「革製カバン・小物」について取り上げてみたいと思います。

 革製品に対する私のこだわりは、以下の3点のみ。

1.有名すぎるブランド物は使わない。
2.あまりにも高額なものは買わない(いや、買えない)。
3.なるべく茶色の革製品を買う。

 こうして辿り着いたのが「ソメスサドル(SOMES SADDLE)」「大峡製鞄(おおばせいほう)」そしてこの記事でメインに取り上げる「ハートマン(hartmann)」です。


・ソメスサドル

 ソメスサドルは日本唯一の馬具メーカーで多数の革製品も作っています。私がANA(全日空)カードを使っていた頃、毎年カレンダーと手帳が自宅に送られてきましたが、あの手帳カバーの革はここの製品ですよね。今でも毎年送ってくれるのかな?

 時折、北海道内にある工場で大規模なセールをやっているのですが、それを知った直後に当時住んでいた北海道から大阪に転勤になり、セールには行けませんでした。残念無念。

 私は名刺入れとシューホーン(靴べら)を持っており、今でも愛用しています。

ソメスサドル ホームページ
ソメスサドル オンラインショップ


・大峡製鞄

 大峡製鞄はもともとランドセルメーカーなのですが、こちらも多くの革製品を作っています。ここの製品をいずれ欲しいなと思いながら、すでにハートマンの革カバン・小物で必要なものは揃っているので、ずっと大峡製鞄製品は何も持っていなかったのです。

 今年の4月に娘が小学校入学するにあたり、「娘のランドセルは俺が選ぶ。」と嫁に直訴。念願の'初大峡'となりました。自宅にランドセルが到着した時は自分の物のようにうれしかったですね。

 コードバン製品も充実しているのでお好きな人にはいいと思いますよ。

大峡製鞄 ホームページ


・ハートマン

 やっと本題のハートマンです(笑)。アメリカのメーカーで、私はここの製品を多数所有しています。

 日本では三越で取り扱っているので、そこそこの知名度があると思いますが、「有名すぎる」というほどでもないかな、と思います。

 ハートマン製品ははデザインが私好みのものが多く、丈夫な上、三越で修理も受け付けてくれます。私は一度財布の内側が使いすぎで擦り切れたことがあるのですが、3000円で修理してくれました。現在使用している財布は全く同じものの2代目。1代目は近所のご主人があまりにも「いい財布だ」と言ってくれるのであげちゃいました(笑)。

 新品の段階でははっきり言ってパッとしない色なんですよ。ところが、半年、一年と使い込むうちに綺麗なアメ色になるんですよね。その段階まで「大事に育てる」のがまた楽しい。

三越サイト内のハートマンコーナー



↑こちらが新品。これを使い込むと・・・


↑こうなります。見にくくてすいません。


↑今、仕事用ノートPCを入れている薄型バッグ。ダレスバッグも持っていますが、重いのであまり使用していません(苦笑)。

 ここまでがベルティングレザーシリーズ。ツイードシリーズも結構お気に入りです。では・・・



↑2泊までの出張で使っているノートPC収容可能な旅行用バッグ。一番気に入ってます。


↑海外旅行など3泊以上の旅行用。


↑ボストンバッグ。全く同じタイプのベルティングレザーも持っていますが、こちらを主に使用。

 ということで、【メタル以外の趣味】シリーズ第一回、革製カバン・小物でした。好評・不評にかかわらず、次回に続く(笑)。
音楽以外 trackback(0) comment(0)

↓各種ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
Check
2007/06/24//Sun.
【お知らせ】BBS(掲示板)設置しました。
 当ブログにBBS(掲示板)を設置しました。

 そもそもブログには各記事に対してコメント欄があるわけで、BBSは必要ない気がするのですが、偶然、「BBSのブログパーツ」を発見して、予想以上に充実した機能を持っていることに感動しまして、深く考えずにとりあえず設置してみました(苦笑)。

・右側のカラムの「BBS」から投稿する。
・上記「BBS」の中の【別画面表示】という白い文字をクリックして大画面で利用する。
・左側のカラムの「LINK」の上から2番目、【BLOG版REMRIAのBBS(掲示板)】をクリックして大画面で利用する。

 以上、3通りの利用方法があります。

大画面のBBSはこんな感じです。

 各記事に対するコメントではないが、メタル関係の最新情報やかなりマイナーなバンドの情報、「お久しぶり!」といった挨拶や私に対する質問等、何か一言言いたい時によかったらご利用ください。
音楽以外 trackback(0) comment(0)

↓各種ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
Check
2007/06/17//Sun.
び、びっくりしました?(笑)
 なんとなく、黒背景で2カラムのテンプレートに変更したくなって、試行錯誤でこんな感じになりました。

 過去に何度も当ブログに訪問したことのある人なら驚いたんじゃないでしょうか(笑)。

 記事のタイトルの前にドクロマークをくっつけたり、色々アレンジして楽しかったです。

 自分でもまだこのレイアウトに慣れてません。すぐ元に戻すかも(笑)。
音楽以外 trackback(0) comment(5)

↓各種ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
Check
2007/06/12//Tue.
ピタゴラ装置 DVDブック①②
 「ピタゴラスイッチ」・・・人並みにTVを見ている人なら、意識的にか無意識でかは別として、一度は目にしたことがあるんじゃないでしょうか・・・NHKの名物番組です。

 今日ご紹介するのは過去の「ピタゴラスイッチ」の中の「ピタゴラ装置」をまとめたDVDブックです。①には33作品が、②には32作品が収録されています。

 子供に見せたくて買ったのですが、私の方が食い入るように見ているかも(笑)。普段、大好きなメタル関連のDVDでも2・3度見るとお蔵入り、のケースが多い私ですが、これは何度も繰り返し見てしまいます。「ここの部分の仕掛けは一体どうなってるんだろう」等と考えながら。

 よくもまあ、こんな仕掛けを考え付くもんだ、と驚いたり、感心したり、そして癒されたり。この感覚、凝った展開のプログレメタルを聴いたときの感覚に似ているような気もしますね。

 DVD(約20分)と解説本のセットで①②各2940円を高いと思うか安いと思うかは人それぞれだと思いますが、「うわ!」「すご!」等と感嘆の声を上げている子供の横顔を見ながら「決して高くない」と思う私です。子供の想像力、創造力をかきたててくれる素晴らしいDVDブックだと思います。

 この「ピタゴラ装置」を含む「おとうさんスイッチ」「アルゴリズム体操」「10本アニメ」など、「ピタゴラスイッチ」の全てのコーナーは慶応大学・佐藤雅彦教授の研究室から生まれたものだそうです。そして、この佐藤雅彦教授は「だんご3兄弟」「バザールでござーる」の生みの親だそうです。まさにヒットメイカーですね。

 なお、アマゾンで購入すると2299円(本屋で買うより641円引き)です(露骨にアソシエイトの宣伝で恐縮です・苦笑)。子供も大人も一緒に楽しめますよ。

blogpita1.jpg

このDVDブックの情報をAmazon.co.jpで詳しく見る

blogpita2.jpg

このDVDブックの情報をAmazon.co.jpで詳しく見る
音楽以外 trackback(0) comment(2)

↓各種ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
Check
2007/06/10//Sun.
【お知らせ】ブログマイナーチェンジ
 ちょっとマイナーチェンジしました。言わなければ気づかない程度の些細な変更ですのでアナウンスします(笑)。

・「リンク」を変更しました。
 記事の右のカラムにある「リンク」を変更しました。増えたのは

mixi版REMRIA
マイナーメタルバンド探求倶楽部
Myspace.com (tomkit)
Last.fm (tomkit)
METAL STORM
METAL INVADER
SONIC CATHEDRAL
MORE MUSIC.FI

 具体名は出しませんが、少しリンクを減らしました。

 これに伴いまして 各リンクのオススメ記事 も変更しました。よろしければご確認くださいね。

・「最近聴いた曲」というプラグインを追加しました。
 Last.fmのブログパーツの「最近聴いた曲」の表示機能を記事の右側のカラムに貼り付けました。その代わり、不具合の生じることの多かった「tomkitの音ログ」のブログパーツは削除しました。

 今までは9割以上、当ブログの記事はHR/HMの話題でしたが、これからはHR/HM以外の私の趣味の話題についても少しずつ記事にしていこうかな、と思案中です。もう一つブログを作るのも面倒だし、音楽以外の話題で記事にしたいことも多いし。

 以上、マイナーチェンジのお知らせでした。
音楽以外 trackback(0) comment(0)

↓各種ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
Check